はじめに

前提として現状ChainBeeTはアプリ内でのデータ引き継ぎに対応しておりませんがAndroid、iOSのバックアップ、復元機能には対応しております。
以下、それぞれのOSでのデータ引き継ぎ方法について解説します。

Androidの場合

必要なOSバージョンは6.0以上です。6.0未満は対応しておりません。
引き継ぎにはGoogleドライブを使用します。Googleドライブの空き容量がない場合は正常に動作しない可能性があるので注意してください。

以下、移行元の端末での作業(Android 8.0の例です。OSバージョン、端末によって若干手順が異なる場合があります。)

  1. 設定画面から「Googleドライブへのバックアップ 」 を有効にする。
    (基本的にデフォルトで有効になっています。)
  2. 「 今すぐバックアップ」をタップする。
    (定期的に自動でバックアップされるはずですが念のため。)

移行先の端末での作業

  1. 移行元の端末と同じGoogleアカウントでChainBeeTをインストールする。

以上で完了です。
もし正常に引き継がれない場合はアプリデータのバックアップ、復元のできるアプリ等で引き継ぐことは可能です。

iOSの場合

引き継ぎにはiCloudを使用します。iCloudの空き容量がない場合は正常に動作しない可能性があるので注意してください。

以下、移行元の端末での作業です。

  1. 設定画面からiCloudを有効にする。
  2. iCloud設定画面から「iCloudバックアップ」をタップ
  3. 「今すぐバックアップを作成」をタップ

移行先の端末での作業(初期化されている端末である必要があります)

  1. 「バックアップからの復元」 を選択しiCloudからデータをダウンロード

以上で完了です。